【途中経過報告】ベンチプレス100kg計画(えだ)

検証

こんにちは、えだです。

夏が近づいてくると、腹筋割らなきゃと焦りがでてきますね。
腹筋メニューを多めに取り入れながらの減量。5月中旬からは夏に向けてダイエット頑張る予定です。

さて、今回はベンチプレス100キロ計画の途中経過をご報告します。

ベンチプレス100キロ計画については、以下の記事で紹介しています。

4月30日時点の記録

体重:64キロ
身長:166cm
 ※4月の健康診断の結果、身長が1センチ伸びてました(笑)
自己ベスト:ベンチプレス95キロ(1レップ)

検証開始から1ヶ月で1RMの記録が90キロ→95キロに伸びています。

ベンチプレス100キロ計画から取組事項の変更点

ベンチプレス100キロ計画に取り組むにあたり、以下の2点は実施しないことにしました。

  1. ネガティブトレーニングを実施しない
  2. トレーニング1時間前のプロテイン摂取を実施しない

これだけ計画を守れていないと、ベンチプレス100キロ達成できなくても山本先生のせいではないことになるな。

変更点1:ネガティブトレーニングを実施しない

ネガティブトレーニングは、補助員必須のトレーニングとなっており、1人でトレーニングしている自分にとっては実現が難しい

変更点2:トレーニング1時間前のプロテイン摂取を実施しない

私は、仕事前の朝の時間を利用してトレーニングを実施している。
トレーニング1時間前のプロテイン摂取は、時間に余裕がなくて実施できていない。

3月15日〜4月30日のトレーニング内容

3月15日〜4月30日までのトレーニングメニュー&頻度をグラフにしました。

先述したとおりの変更点はあるものの、ベンチプレス”10レップの日”と”5レップの日”を3日おきに繰り返してきました。

※重量が70キロ台の時は、10レップの日です。
※重量が80キロ台の時は、5レップの日です。
※途中1RMチャレンジしたときの記録も載せています。

検証における気付き

今回のトレーニングを継続して気づいたことがある。

それは、「少ないセット数でもしっかり筋肉痛がくる」ということだ。

以前は、胸のトレーニングで3セット×4種目ほど実施していた。
今は、3セット×2種目で半分ほどに減っているがしっかり筋肉痛がきている

この点については、フィットネス基地メンバーの”しょた”も同じように感じているらしい。

ただ、トレーニングメニューが少なくてもインターバルを5分とるので、トレーニング時間としては結構かかる

おわりに

今回、”補助がいない”という理由でネガティブトレーニングができていない

”しょた”の記事によると、ネガティブトレーニングでは、大胸筋が千切れそうになるくらいの刺激が得られるらしい

今後、フィットネス基地メンバーで合同トレーニングを実施する時は、是非ネガティブトレーニングを実施してみようと思う。

検証期間が残り2週間を切りましたが、最後は気合で100キロあげたいと思います!

みなさんもトレーニング頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました