夏だけ焼きたい!小麦色の肌を手に入れるために必要な期間・費用のまとめ

小ネタ

こんにちは。えだです。

今回は、日サロに関する記事を書いていきます。

マッチョな人って、黒い人が多いですよね。
同じジムに通ってる常連さんも、だんだん黒くなってる気がします。(自分もその一人ですが・・・)

やはり、色が黒い方が体の陰影がハッキリするためカッコよく見えますよね!

小麦色の肌の維持は、定期的なメンテナンスが必要なので、夏だけ日サロに通いたいという人が多いと思います。

では、夏にむけて小麦色の肌を手に入れる場合、どれくらいの金額・期間が日サロ通いに必要なのでしょうか?

結果からお伝えしますと、だいたい以下の通りです。

◆夏だけ小麦色を手に入れるために必要な期間と費用
 期間:2週間
 費用:2万円程度
 ※通うお店・あなたの体質によって変わってきますので、以降の記事も参考にしてください!

また、過去の日サロ大失敗の経験を踏まえた注意事項もお伝えしています。
日サロ初心者の方は、ぜひチェックしておいてください!

この記事を読んでほしい人

  • はじめての日サロで失敗したくない
  • 日サロに通う頻度が知りたい
  • 小麦色の肌になるまで、どれくらい料金がかかるか知りたい

日焼けサロン「リボルト」について

まずは、私が通っている日焼けサロンについて紹介しておきます。

https://www.revolt.co.jp/

福岡県の完全個室日焼けサロン ReVOLT

福岡に4店舗を構える人気の日焼けサロン「リボルト」です。

私は、天神店に通っています。駅から徒歩で10分程度と通いやすいです。
シャワーやドライヤーなどの設備も備わっており、日サロ終わりに天神で買い物することもできます。

リボルトの良いところ

  • アクセスしやすい
  • 営業時間が長い(天神店は深夜1時まで)
  • マシンの種類が豊富
  • シャワー・ドライヤー・ウォーターサーバーなど設備が充実

今回の記事は、リボルト目線で書かれているところもあるため他の日焼けサロンでは実現できない部分もあるかもしれません。

日サロに通う頻度・1回あたりの時間・通う回数

まず、日焼けの方法について少し紹介します。
日焼けには、”下地作り”と”色の調整”の2つの段階があります。

下地作り

下地作りのタイミングでは、弱いマシンで短い時間を高頻度で繰り返していきます

私の場合は、ゲレンデというマシンで20分/1回を週3回ペース(中1日)で通いました。
だいたい4回くらいで下地が完成します。

下地作りのポイントは、高頻度で通うことです。
1回目と2回目で期間が空いてしまうと、黒くなった肌が元に戻ってしまうので効果が薄くなります。

下地ができると、色が落ちにくく、日焼けに強い肌が出来上がります

色の調整

下地作りが終わったら、自分の好きな色になるまでガッツリ焼いていきます。

肌が日焼けに強くなっているので、少々無理しても大火傷になることはありません。
(無理のしすぎは、禁物です!)

色の調整タイミングでは、最初より強いマシンで長い時間焼くことができます。

私の場合は、”アフィニティ”というマシンで30分/1回くらい焼くようにしています。

30分でも、鏡で見た時に「くろっ」と思うほど色が変わります。
焼きすぎにはくれぐれも注意しましょう。

下地が完成して色が落ちにくくなっているので、キープするなら1ヶ月に1回程度通えば問題ありません。

日サロで小麦色の肌を手に入れるための費用

日焼けサロンで発生する費用は、マシン代+ジェル代です。

マシンやジェルの種類によって料金が変わりますが、1回20分の利用で大体2,000円〜3,000円くらいになります。

2021年にリボルトで私が実際に使った金額をご紹介

今年の作戦は、夏をフルで楽しもうプランです。
6月中旬の梅雨明けに一旦色をつけて、7月までキープ。7月中旬にもう一度色をつけました。
おそらく夏をフルで楽しむならこのプランが一番良いと思います。

◆下地作り(ゲレンデで20分)
 1回目:6月5日 2,200円
 2回目:6月8日 2,200円
 3回目:6月10日 2,200円
 4回目:6月14日 2,200円

◆色の調整(アフィニティで30分)
 5回目:6月19日 3,400円
 6回目:7月15日 3,400円
 7回目:7月末予定 3,400円

合計 19,000円

金額については、あくまでリボルト基準です。
もっと安いお店があるかもしれませんし、日焼けマシンが備え付けられているジムもあります。

えだ
えだ

ちなみに、リボルトの場合は1万円で1万5000円分のプリペイドカードを購入することができます。
ちょうどひと夏分くらいですね〜。

過去の日焼けサロンでの大失敗

昨年の日焼けサロン初挑戦では、大火傷という大失敗を体験しました。
日焼けの痛みで2日間ろくに寝れない状況でした。

”アドバンテージ”という、初心者向けのマシンで20分(一番短い時間)の日焼けに挑戦。
「初心者向け」&「一番短い時間設定」でも、大火傷という結果になります。

大火傷をした時の写真を載せておきます。
体質によって肌へのダメージも変わります。私は元々日焼けに対して敏感な肌だったようです。

2020年の失敗を踏まえた対策と効果

昨年の失敗を踏まえて、今年は、肌へのダメージが少ないマシンを探しました。

コラーゲンライトを搭載し、肌へのダメージが最小限に抑えられる”ゲレンデ”と呼ばれるマシンを選択しました。

そして、このゲレンデと呼ばれるマシンでの日焼けが大成功しました!

初回20分の日焼けを終えた翌日も肌へのヒリヒリ感・やけどは全くありませんでした。

日焼け初心者で肌の弱い方は、”コラーゲンライト”というキーワードをもとに日焼けマシンを探すと良いかもしれません。

また、どうしてもコラーゲンライトのマシンがない場合は、初心者向けのマシンを途中で退出するということも検討してください。(20分設定のマシンを10分で抜けるということです。)

すこしお金がもったいない気もしますが、2日間寝れない夜を過ごすよりはマシなはずです。

最初はゆっくり無理せず焼いていきましょう。

おわりに

日サロ記事いかがでしたか?

びっくりなのは、意外とお金がかかることでしょうか。
リボルトの場合、プリペイドカードがあるので多少安くすみますが、1万円は必要です。

日焼けサロンのメリットは、時間がかからないことです。
2週間もあれば自分の好みの色に仕上げることができます。

1回の利用時間も20分程度と短時間で済みます。

お盆休みまで2週間ありますので、まだ間に合いますよ〜!

ちなみに、海辺でブーメランパンツを履いて焼くマッチョもいるようです。
時間はかかるかもしれませんが、お金はかかりませんね。
周りの人に見つかっても、”ヘコタレナイ”メンタルも必要かもしれません。(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました